みんな大好き、ぐるぐるフラットローズ、かーらーのー・・・
d3c5d6e3f4c6f5c3c4b5e2e6d2f6b3g5b4g3a6f3b6a5a4f2g4e1d1c1f1g1h6h4h2c2b2



20190414局面1
これで黒番。パッと見b2と思う人が多いのではないでしょうか。下の方の「壁」に手をつけるのは良くないなんて、オセロの基本ですよね。

実際こう打たれて、白の僕は実はあまり考えてなかったので、ここで長考。
20190414局面2
白h3→黒h5→白a1→黒b1→白a2→黒a3→白a7→黒h1→白g2
解析してみたら最善外しまくってますが、こんな感じで勝負になるなと思いました。

でも、これ、そんなことを考える必要ないんですよ。白がh3に打つと・・・
20190414局面3
これ、黒h5取れますか?

取ったらこうなって、
20190414局面4
これは白はa1ではなくてb1に打ちますよね。b列が真っ黒になったので。

その後、f6を黒にされてすぐにはa1を取れない展開が予想されますが、例えば白b1→黒f7→白e7→黒e8→白g6→黒g7→白d8
20190415局面5
はい詰みました。
(こういう局面を少し深く読むのは訓練と根性です)

最初の局面を振り返ると、黒b2は損で、
20190414局面1
これはもう下の壁を破るのはやむを得ない状況でした(e7で8石負けの形勢、c7やf7で10石負けの形勢)。