すごく昔の話ですが、100人以上が参加する大きな店頭大会の運営のお手伝いをしたことがあります。当時高校生~大学生で初段くらい。

「試合が終わっても勝手に片づけないで審判を呼んで下さい」と言っておいて、誰かが手を上げたり、終局するところをみかけたらそこへ行き、「黒の勝ちですね、黒はどちら?お名前は?」という感じで勝った人の名前をきいて、模造紙に書いてある大トーナメント表に勝ち上がりの線を引く。

運営はそんなに大人数ではなくて、3人か4人でできました。

それより遥かにレベルの高い全日本等で、審判がすべてのテーブルを回って勝敗を記入させ、対戦カードを回収するのは無理でしょうか?僕は十分可能だと思います。

無差別の部、64人、32テーブルを、2人だとちょっと不安でしょうか?3人か4人くらい必要?

終局したら挙手してもらって、審判の前で対戦カードに記入してもらい、審判はそれを見て「○○さんの勝ちでよろしいですか?」と双方に確認して回収する。

どうでしょうね?店頭大会でできる程度のことが、全日本でできないわけがないと思うのですが。

或いは、対戦カードを提出するときに必ず2人で行くルールにして、その場で口頭で「○○さんの勝ちで間違いありませんか?」と確認して、その確認が済んで提出したら何があっても覆せなくする・・・のは可能ですよね。なりすましを防ぐために、名札も確認したい。それなら座席にいるときに確認した方が良いと思うけど。