最近、「3・5・7手実戦型詰将棋」という本を買って、暇なときに詰将棋を解いています。

3手詰めだけでも60問あるのですが、今45問目です。私には3手詰めが丁度良いようで、問題によって一瞬で見えたり、数分悩んだり、稀に誤答したりと色々です。各問題下の「ヒント」は最初は指で隠して解いています(大体は解けます)。ヒントが見えてしまうと難易度がかなり下がると思います。

単純に手数が長いと難しいというものでもないと思いますが、5手詰めに突入したら多分もっと苦労するでしょうね。

将棋・詰将棋のルールを理解して頭を使うゲーム・パズルが好きな方なら楽しめると思います。